見えないところからの水漏れと修理

水漏れは、水が通っているところではどこでも起きる可能性があります。見えるところだけではなく、見えないところでも起きてくることは珍しくありません。いろいろな原因もありますが、修理も考えていかなければいけなくなっていきます。

■家の中には見えない場所がある

見えない場所はいろいろとあります。自分の家だからといって、どこでも視線が通っているわけではありません。水道管をはじめ、できるだけ目につかないようにしている場所はいろいろとあるからです。こうした配管は、隠したとしても、劣化が少なく交換するような手間がかからないといったことを条件としています。
だからといって、絶対に水漏れを起こさないといったことはありません。配管自体が劣化するだけではなく、何らかの条件で割れてしまったり、ずれてしまったりする可能性はゼロではないからです。

■見えない場所で破損する理由

見えない場所の配管が壊れてしまうような要因は、地震などでずれてしまうといったことが考えられます。もちろん、そうならないように作られていますが、絶対にならないわけではありません。見えないように作られているため、状況をはっきりと確認できないことも出てきます。わずかな変化を見逃さないということが必要になってくるでしょう。
凍結によって破損してしまうようなことも出てきます。想定している状況よりも温度が下がり、凍ってしまうことで膨張し、管を破損してしまうケースです。水道などを留めているときに起こるケースですし、細い配管で負担がかかってしまうことも出てきます。

■まとめ
本来、濡れるようなところではないのに、なぜか水漏れが見つかったといったときには、おかしいと思っていかなければいけません。自分たちではなかなか見つけにくい場所となってくるため、水道 修理をするといっても簡単ではありません。専門業者に依頼して対応するといった方法が重要になってくるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ