見えるところの水漏れの修理

水漏れが起きてしまう箇所はいろいろとあります。水が通っている場所であれば、どこでも起きる可能性があるからです。対策を考えておくことも必要になってきますが、なによりも予防をすることも考えなければなりません。経年劣化も頭に入れておけば、水漏れをある程度コントロールできるようにもなってくるでしょう。

■見えるところの水漏れ

水漏れを起こす箇所としては、台所が最も目立つ場所です。目立つという意味でも、すぐに対処していかなければいけないところにもなってきます。利用する機会が多く、どうしても劣化も早くなってしまうのが特徴ですが、自分でも修理がしやすい場所といっていいでしょう。
良くある例は、水道の蛇口から漏れてくる例です。蛇口にはさまざまな部品が組み合わせられており、パッキンやコマなどの部品が使われています。このすべての箇所から漏れてくる可能性があるのです。構造的にもさまざまなところで紹介されており、これらを見ながら蛇口 交換など自分で修理していくこともできるでしょう。見やすい部分にあることも対処しやすいポイントです。

■経年劣化とは何か

そもそも経年劣化とは何かといえば、時間とともに品質が維持できなくなってくることを意味します。パッキンのように部材同士の間に挟み、水圧に耐えるということは、それだけで負荷がかかっていくことになるでしょう。
時間とともに傷むようになっていきます。水圧に耐えるというだけではありません。時間とともに劣化する要因は紫外線などにも表れてくるのが重要です。陽にあたっているだけではなく、照明でも紫外線が含まれており、劣化が進むことになるのです。

■まとめ
水漏れに気が付いたら、早めに修理することが重要です。目に見えるところは、経年劣化を含めても異変に気が付くことができるでしょう。早めに対処しておけば、それだけダメージも少なくすることができます。見えるところであれば、狭くて困ることや工具が何かわからないといったことも少なくなるポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ